将棋の段級位を強引に英語に当てはめた結果
カテゴリ:棋書&その他
前,このツイート記事について取り上げたんだけど




趣味は将棋です,が通用するのが三段以上なら,英語学習者が「趣味は英語です」といえるのはどれぐらいのレベルなのかと
素直に疑問になった。

ただ,私観で適当に「○点から英検○級レベルじゃないの」なんていうのは,おこがましい話。
そこで,TOEICと呼ばれる,日本における英語関係の資格ではもっともポピュラーなものと
初心者レベル~プロレベルまで存在するといわれている将棋倶楽部24の分布表を使って適当に考察してみた。

まず,将棋倶楽部24と,リアルにおける棋力は以下のとおり。(目安。一部リアル知人などの比較あり。)

リアルの目安将棋倶楽部24
プロ七段以上
アマ全国大会出場レベル六段
アマ五段四段~
アマ三段初段
アマ初段4級(8級)
3級12級~13級


次に,TOEICの点数と英検の比較表をは以下のとおり。
https://toiguru.jp/toeic-and-eiken
によると,

英検TOEIC目安
1級955
準1級713
2級527
準2級402
3級377
4級343
5級346


となる。
統計的手法的に正しいかどうかはわからないが,世間的には
将棋倶楽部24での上位者=プロ
TOEIC満点≒ネイティブ並みの英語力 で通用するので,
将棋倶楽部24での上位○%の部分をそのままTOEICの分布表にあてはめ,その上位○%での点数を算出し,英検レベルでの目安も計算する。
具体的には,アマチュア三段以上ならば,将棋倶楽部24で初段以上,これは上位25.17%なので,TOEICにおける上位25.17%の点数を算出したわけだ。
算出するにあたって使用した統計は,第227回TOEIC公開テストのものを用いた。
http://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist/227.html#anchor01

将棋倶楽部24での分布表は将棋倶楽部24 Ranking Checker を用いた。

すると,こうなった。

将棋英語
プロ986点(英検1級)
アマ全国大会出場レベル921点(英検1級ぎりぎり?)
アマ五段813点(英検1~準1)
アマ三段704点(ほぼ英検準1級)
初段548~632点(英検2級)
3級約400点(英検準2級)


※24も初心者から道場3級レベル未満はほとんどおらず,TOEICも英検3級レベル未満はほぼいないのでここも似ていると思う。

ということで,将棋のプロ~初心者のレベルをそれぞれ,英語学習におけるネイティブレベル~初心者として比較したとき,大体の目安で上の表通りになることがわかった。

個人的には,両方とも勉強していて雰囲気的に表のとおりじゃないかと思っていたが,まさに当たっていて自分でも笑った。

仮に,この表が正しいことと,Q氏の発言が正しいと仮定すると,将棋三段以下は英検の準1級以下に相当するので,英検準1級未満の方がやっている英語というのは英語じゃない,ということになる。

うーん,そういわれると納得というか(笑),英検準1級持ちの私でさえ英語力はお世辞でも高いといえないのでましてや2級レベル以下の方の英語・・・?となりますね・・・。


※あくまで適当に出してるだけなのでこの情報は統計的に正しくないかもしれません。正しくなくても責任とりませんので予めご了承ください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ 鏡音レン32b
↑ブログランキングに参加しています。両方とも押して頂ければうれしいです。
スポンサーサイト
2018.06.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


金曜日やること
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
・9手詰の詰め将棋
・棋譜ならべ(特に名人戦)
・角換わりの棋譜並べる

今日はフリー対局でしょうもないミスばかりしている自分に嫌気が差す⇒またやらかす⇒以下悪循環
を断ち切れなかった。くやしい。
2018.06.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


千田先生の棋力向上方法(メモ)
カテゴリ:棋書&その他
不屈の棋士に書いてあった,千田先生の棋力向上方法

①永世名人の棋譜を並べた
②フラッドゲートにある上位ソフトの棋譜ならべ
③寝てる間に,指定局面からソフト同士で100局指させた

③は意外だった。でも今考えると,ありえるやり方だなぁとか思う。
実戦でどういう変化になるのか,100棋譜もあると参考になるなぁ,と思った。

今日の棋譜はなし。

不屈の棋士 (講談社現代新書)
大川 慎太郎
講談社
売り上げランキング: 113,963

2018.05.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


【趣味として言えるのは】ツイッターでみた発言【何段から?】
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
先日,こんなツイートが物議を醸したらしい。




面白いw
ただ,自分のツイッターでも触れたけど,このQ氏の発言は何の三段を前提としたものなんだろう。
仮に,将棋倶楽部24の三段とするならば,(プロフィールを拝見する限り)将棋ウォーズの四段ということなので,
この2サイトの棋力比較をすると,Q氏自身も将棋になってない将棋を指している可能性があるのだが・・・。
新宿道場の三段であれば,おそらく将棋ウォーズ初段程度であればたぶん将棋として認められると思う(笑)。

たぶん,世間的な標準の三段(将棋倶楽部24の初段程度,将棋ウォーズの三段程度)ではないかと思うが。

実際,僕自身も比較的最近まで棋力の低さを地元(しかも田舎)ではかなりいじられたし,
将棋になっていない将棋を指しているという点ではQ氏の発言は正鵠を得ていると思う。


合ってるとは思うけど,現在の将棋ブームで女性やこどもも新規参加してる方がいると聞く。
で,初心者や24のレート500以下の方に向かって
「ここの1550点以下の人間は将棋と呼べないものを指してるんですよね」
なんて仮に真実でもいえないし,言うつもりもない。(言っても良いけど,将棋ファン減るよねw)
もっと言うと,将棋に疎い人はそもそも初段の将棋が三~四段程度の人がみてお粗末なものということさえ,気づかないと思う。

で,実際に市販されている書籍でも,「趣味として将棋をいうには,おおよそ初段以上の~」と書かれている文献をよく見るので,
現実的には一般的な指標の初段以上の棋力(将棋倶楽部24の4級,甘く見て7級以上)があれば,趣味と称していいと思う。

ちなみに,この手の話,5年ぐらい前に24のレート1800台の人と話してたけど,
序盤中盤終盤全部お粗末,みたいな話をしているので,結局はプロ棋士レベル以外は何段でも将棋になってない将棋を指すと思う。



ここからは個人的見解なので読まなくてもらって良いんだけど,
将棋やってる人って,趣味を自己否定しすぎな気がするんですけど。
世間的にはこれより下の目で見られそうな趣味たくさんあるんですけどね・・・

大体アマチュア三段になるぐらいの棋力って人にもよるけど,本買ったり対局したりしてるから,
おそらく数百時間~1000時間の範囲で将棋やってると思うんですよ。
一番安価で済ませるなら,三段免状取得(54000円程度),高く見積もると10万程度だと思うけど
私が知ってるアーケードゲームにたとえるなら,この程度の金額だと
レアなカードをまともに自排(交換なしで自分でGETすること)できないと思う。
同じく,某ソシャゲで,同様のことをするのに累計で30万課金した友人を知っているし,
現代にある他のゲームと比較すると将棋は経済的なゲームだと思うんですが・・・。

もっと言うと,こういったゲームは世間的認知が低い上に,店舗などで催す大会も少なく(田舎ではほぼ皆無),
「将棋初段です~」(本や道場に通って累計数万円使用)って言った人と,
「プ○○ラで未来かがやく夢アイドルのランクです!」(課金額は数十万程度)って言った人,
どっち好印象ですかって聞かれたら前者だと思うんだけど・・・。
2018.05.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


【アニメ】えとたま9話の解説
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
今日はアニメ「えとたま」9話で放映された,棋譜について,個人的にいろいろ解説したいなと思っているので,解説。
棋譜のコメント欄に解説書いたんですけど,コンピュータの評価値で見えなくなってしまっているので,スクロールしてみてください。

棋譜のソース元。




[続きを読む]
2018.04.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


メモ 更新したいこと
カテゴリ:棋書&その他
①将棋ウォーズ3段に昇段したこと、またそれまでの奮闘記
②81道場で二段で指しているものの、NRの10秒将棋で七段の人に勝った棋譜
③リアル将棋での奮闘記

81道場で七段ってなかなか見ないなと思ってたらBIG4(四傑のうちの一人)を負かしてたとは、すごくびっくりした。
2017.04.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


たまには
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:日々のつれづれ / ジャンル:日記
たまには、国語(漢字)という観点から将棋を見ていこうと思う。
実は、前々から書きたかったネタではあっただが、気が付くと忘れていた(笑)
私は平成27年度第二回漢検準1級合格者(合格率9,0%)だが、それまで様々な漢字を学んできた。

平成24年度第一回漢字検定準1級にこんな問題が出題された。
以下の類義語を【】の中から選び(実際には複数ある)漢字で書きなさい。

急逝  【とんし】

将棋指しなら、9割9分で「あれか」と思われたのではないでしょうか。
ちなみに、このときの合格率は3,6%で漢検準1級の歴代合格率では2番目に低い数値です。(あくまで私の知っている範囲ですが。)
もちろん、答えは「頓死」です。しかし、匿名掲示板の過去ログなどを見てみると、意外と書けていない受験者がいたようです。

他にもあったりします。

飛車を「捌く」の捌も書き取り問題も過去問として主題されていたことがあります。
また、過去問には奇手の対義語として「定石(定跡ももちろん可)」が主題されたこともあります。

将棋界ではいずれもよく頻繁に使われる語句ですが、難易度としてはこれほどのものである、ということを言いたいただのネタでした。

<参考文献>
http://blog.livedoor.jp/shikaku_menkyo/archives/5826033.html
こちらで実際の主題形式が確認できるかと思います。
2016.03.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


更新しよう
カテゴリ:棋書&その他
今日、私の職場の方のブログを拝見した。
詳しく書くと立場がばれそうなのでどういうブログかはあえて書かないが、趣味のブログで熱心に取り組んでいるのがわかった。
過去のログを探すのにひと手間かかりそうだったので、いつ頃から行っているのかはわからなかったが、相当の量があり、少なく見積もっても2年以上はやっているのではないかと思った。
自分のブログは、年数こそたっているものの、最近は放置状態で何をしているのか全くという状態なので、ちょっとこれではいけないな、と思った。

ということで、再び更新。
(たぶん今日分の日記はgdgdなので棋譜などは翌日分にします。)
更新が止まり始めたのは5月ぐらい?からなので5月ぐらいからを少し振り返っていこうと思ってます。

5月
某学生大会でベスト16

6月
某検定を受けていたので特に何もせず(言い訳)

7月
初段獲得戦で初戦負け
(スイス式なので以後3連勝するもただの消化対局でした)

8月
初段獲得戦で4強(トーナメント式)

9月
将棋倶楽部24でR1516(今)
一般大会で初回戦負け(ただし相手はその後優勝したw ちなみに将棋はこちら優勢だったのを悪手を指して負けに。)

10月(予定)
学生大会に参加予定

ブログに書いてある「有段者」といえる数値まではあくまで34点(二連勝相当)だが、実力も初段に近づいているのか…少し不安でもある。
偶然の連続で勝ち上がってやしないか。
数字の「嘘」ではないのか?
・・・・などと考えているとしんどいのでやめよう。まずは24有段者に一勝したいな。

明日(といっても早朝には新しい記事うpします)からちゃんと自分が指した悪手を反省できるブログにしよう
2015.09.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント返信
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
コメント返信のついでにたまたま観戦していた24の有段者(2段)の方と感想戦をしていましたのでそれもあわせて。

やはり問題は38銀でしたが、敗着の決定打ではなさそうな感じでした。
48金が勝るのは明白なのですが…。
問題はその後で以下55歩に59飛で互角の展開か?ただ意外と五分のまま進行しそうです。
51手目は35歩も考えたのですが、25歩から24角でやめました。
あと、指摘通り46飛のところは47銀が正解です。
38銀は、49銀~58銀という使い方もあったんですが、(たぶんそれが正解)棋力が低いのを象徴していますね。。。

どちらにせよ本譜は負け棋譜だったと言わざるを得ません。
2015.05.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント返信
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
まず、謝罪です。シリウス様のコメントの返信を見落としていました。
(非常に申し訳ないのですが今確認しました。すみません。)

あと、先日の日記で、すでにT様に指摘されていることと同じ旨のことをブログに記載してしまいました。
閲覧者側からすると、非常に変な感じになると思いますが、一応論理的に説明すると
一部ブログ記事&棋譜の公開のタイミングを間違ったこととこちらのチェックミスということです。
いずれにせよこちらのミスです。すみません。

謝辞は以上で、以後コメント返信です。

>シリウス様
まず、序盤ですぐに穴熊を明確にしてしまったのは、確かにまずい。。。ですね、はい。
ただ、実はこの98香は激指11曰く定跡手とのことです。
(解析画面には載っていませんが激指には定跡手としてあります)
もちろん、違う局面の98香を応用したとかということではなく、純粋に98香の1手前の局面の次の1手をすると
98香(定跡手)と表示されるのです。
大概こういう定跡手はプロの棋譜などに由来する(と聞いております)ので、定跡登録がある以上敗着まで行くかどうかは微妙なところではないかと考えます。
(ただし、本譜の展開としては悪い手となったことは事実です。)

それと、棋力の上達のために穴熊は避けよとのことですが、僕が穴熊を使い始めたのは理由があります。
まずは、その理由の吟味等々してから考えたいなと思っています。

前触れとして書きます。
僕が24の中級位者のときは、よく急戦を仕掛けていました。(2010年ぐらいの記事などを参照。)
また、比較的最近でも中飛車に対して57金戦法などを指していますので何がなんでも穴熊にはしない…つもりですが
確かに穴熊にする傾向があるのは事実ですね。
もちろん銀冠などにも囲いますよ。

で、何がいいたいかというと、ノーマル四間や三間などに対して、は24の初段を目指すためには急戦も指すのが大事だと思っているんですが、それはあくまで現実世界のほうの初段(24でいうなら上級の下位ぐらい?)までの勉強法なのかなー?と思っていることも事実です。

以前、YAHOO知恵袋で、急戦で対局するのは、急戦の戦いの感覚を身に着けるために必要だが、それは現実の初段程度までの勉強法、という話を見た気がします(ソース元探したんですが見つからないですすいません。)

つまり、現実の初段相当以上のレベルでは、急戦だけではなく、穴熊などの戦法も指しこなせるようにならなくてはいけいないのではないかと思っていて、頻繁に指すようになりました。
あと、囲いの硬さが違う、というのもあります。

理想は両方使いこなせることだと思うのですが、自分も正直そのあたりの指す戦法の頻度のバランスの調整がわからないので、困ったところですね…。



>T様
なるほど、▲4四歩(二回目)のところ▲66銀ですか。
確かに、一局だと思います。
ちなみに、18香に19角成は思う壺ではないかと思い、(自分も代わりの手がわからなかったので)激指先生に聞いてみると
52銀や64角成などといった手を候補に選んでいました。
こうなってくると、正直よくわかりません(汗
攻める展開が好きな人は面白いように見えない、というのもうなずけます。^^;
(激指の)形勢判断としては、後手が少し有利(マイナス500点程度)という感じですね。

ただ、おっしゃる通り本当に棋風の好みがあるので、もちたくないというのが本音ですが(笑
上手く指しきれる自信がないです…。



本当は書きたいこと調べたいことなどいろいろありますがすでに数時間割いてるのと就寝時間なので寝ます。ごめんなさい。
2015.04.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント返信の返信
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
コメントありがとうございます。
感想戦の検討の参考にいただいています。
大変お手数おかけしますがが、どうしても僕の理解力が足らないのか、わからないところがあります。
さきほどのコメントで、


進行例は▲4五歩△1九飛成▲4四歩△5二銀▲4三歩成△同銀▲1一角成・・となれば
居飛車持ちの展開でしょう。



とのことですが、▲45歩に▽25飛成だとどうなるんでしょうか?
19飛車成りなら、それで居飛車いいと思うのですが、こちらなりに検討したところ25飛車成りのほうが勝るのではないかと考えています。理由としては、以下
▲4四歩△5四銀▲4三歩成△同 銀▲1一角成△3三角▲同 馬△同 桂
と進むと、香は確かにとれましたが、馬も消され、次に後手から45桂の攻めがあります。
この後44歩も以下52銀12飛23竜11飛成 でこの後先手に有効な攻めが見つけられません。
後手はこの後も45桂と飛べます。一方、先手は後手陣にスキがなく、付け入る余地がありません。
たぶん、銀あたりを避けるとは思うのですが、攻めから守りに入るのでは先手としても変調だと思いますし…。
これは流石に後手優勢ではないでしょうか。
2015.04.04 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント返信
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
毎度コメントありがとうございます。

昨日の日記、書きかけでした。すみませんでした。なので▲24歩を▲37桂に変える手を書き忘れました。
もちろん、Tさんにはなんで指摘した手をやらないんだろうと思ったと思います。
あれは、理由があります。

コメントにはなかったのですが、同歩のところを37桂として、指すと以後
▽25歩▲同桂▽15角
があって、
以後▲22歩▽29飛▲21歩成ぐらいだと思うのですが
角成と飛車打ちのスキの多さでこちらが指せないと見ました。要するに、駒の働きが違うと見ました。
なので飛車交換は嫌でした。
また、桂を取られるとこちらには84桂~76桂の筋がありますが後手にはそれがありません。
(本譜でもその筋を食らいましたが)
この前の指摘していた棋譜にも▲16歩はついていませんでしたが、そのかわりに46銀がいるので37角成とはさせません。
なのであの棋譜では角は追い払えますが、本譜は追い払えないと考えました。

僕の形成判断がおかしいのかもしれないと思い、予想される変化を(~21歩成までを)激指にも見てもらったのですが、後手有利とのことでした。

あくまで僕の考えなので、どこか読みぬけがあるかもしれません。
ですが、一応考えあっての24同歩でした、ということです。
2015.04.04 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント返信
カテゴリ:棋書&その他
今日は棋譜はありません。
コメント返信だけです

66歩からの変化で、やっぱり59角が打たれるからだめというのが66歩の結論として、
やっぱりそのあとも微妙でしたか。

ただ、67歩は受けようとして消極的になりましたが、やっぱり形を崩してからのほうが勝ってましたね。

角捨てて銀打ちの変化は違和感を感じましたが、格上の相手ということもあって、狙いどおりなのか・・・?と思ってしまいました、(形勢的に良くなったとは思ったけども。)

で、馬を作って手厚くする方針まではよかったものの、85桂を見落としてしまったっていうのがダメでした。
その時点でやっと負けが確定したんですね。

あんまり形勢が良くなくて囲いもひどい場合はやっぱり駒を捌かせないよう注意を払うべきでした。
そのあたり、まだうまくいっていないようです。

詰将棋は以前いっぱい解いていましたがやっぱり棋力がなかなか伸びづらかった。
何がいけないか、検討していくと、もちろん考えることも大事ではあるが、大局観というのでしょうか、
その部分が良くないみたいでした。(遅すぎる攻めとか)

やっぱりその部分は対局とかで磨くしかないのでしょうねぇ・・・
2015.03.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント返信
カテゴリ:棋書&その他
3/26の日記のコメント返信です。

棋譜、見直してあまりにひどい将棋だった、ということを把握してショックです。
弱点云々よりもこういうところを落とすのが弱いんだろうな、と思いました…
ずっと後手番として局面を見ていたのですが、先手番から見ると終盤の後手の指し方が酷い・・・
初めて先手番で局面を振り返ると
指摘通り、
55銀と65銀の差はまだ飛車成りとと金の差でなんとかなってるのはまだいいんですが(穴熊らしくないとはいえ)、
硬さを暴力に相手の金銀をはがすという当たり前のことができなかったのが痛かったです。
確か、あの局面は角なのか金銀を取るのか、迷っていたのですが、
金銀を取った先の△59竜の局面が見えてなかった。完全に。取って交換で読みを打ち切ってた自分が情けない。

続いて△47香も読み違いというか指して自爆した手です。
これも少し思い出したのですが▽31香も考えてたのに攻めきれないかと考えてしまいやってしまいました。
昨日の日記には書いてませんがこの香を指してしまってはもう勝てないと思ってました。

そのあとは強引に受け間違えさせようと敢えて受けの姿勢に変わったのですがもう手遅れでしたね。
というかまだ94竜よりも違う手のほうがましだった。
アレを最後に、▲22角成でもう後手玉はgdgdでした。。。

石田流対策の中飛車穴熊ですが、今回はもうちょっと硬さ重視と、相手の駒をはがすという認識で指すべきでした。




Tさんに質問なのですが
もし、僕が何か一冊棋書を読むとしたら、何が良いでしょうか?(市販で手に入るもので)
(普段からある程度戦術関係は読んでいますが・・・)
2015.03.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント返信
カテゴリ:棋書&その他
先日のコメント返信です


▲2四銀と出る形は本譜のように
△4四角と交わされる形にされてはちょっとマズイのです。
銀が2四に出る攻めは重い攻めになりやすいので注意が必要でした。




なるほど、典型的な棒銀では銀が出る形が多いですが、対振りの形は飛車で捌いたほうが得なんですね。
そして以下に押し込み~こちらの良いように捌くというのが大事なんですね。
確かに1手34歩があるかないかで全然違いますね。理解しました。

2015.03.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


伝説の一手
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム
*今日あたりから更新があるかもしれませんが、1週間の間コメント返信ができなくなります。ごめんなさい。

今日は自分の棋譜ではありませんが、面白いものを見つけたので書きます。
ツイッターでRTされまくった、この棋譜。
ちなみに高段者同士の棋譜です。

76手目に注目です。



あの羽生先生が指した「▲52銀」を彷彿とさせる一手ですね。
理屈もあの52銀と同じです。

2015.03.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


T様へコメント返信
カテゴリ:棋書&その他
お世話になっております、3/5付の日記と別にコメント返信したいと思います。
いろいろ吟味したいので。

序盤の▲24歩は突如仕掛けられたので正直まずどうしていいかわからなかった、というのが本音ですね。
だから本来はきちんと考えなければいけないのに、手拍子で同歩と指してしまったというのがダメですね。

【相手が2二飛3三角の形で3七桂型の場合に△2四歩の仕掛けに対し手抜いた方が大方得になると覚えておいた方がいい】

というのを、ご指摘の通り知らなかったからですね、今覚えました^^;

53手目は画像からみてもわかるとおり、激指も敗着と指摘している手です。
というか、悲観しすぎてあきらめて指してしまった手ですね。しかし改めてみるとひどい・・・
確かに65歩のほうが断然いいですね。
(結構形勢が悪くなると強引に指してしまい、余計悪くする癖が最近あるように思えてきたので、そこも直したい…)


ひとり感想戦では35歩の応手がダメだろうとみていたのですが、それ以前に24歩の応手がおかしかったんですね、今わかりました。



ありがとうございました。



ちなみに明日は負け棋譜を張る・・・予定です。
2015.03.06 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ぼやき
カテゴリ:棋書&その他
最近はどうも、棋力停滞中です。
そこでまあ今日はなんというかボヤキを。

ある人の将棋勉強法としては詰将棋ハンドブック(5手)を何回も解きまくったそうです。
なるほど。

自分はこれから詰将棋はもちろんそうなのですが、上級の特に上のほうになってくると、十八番の戦法がだいぶ強いという印象を受けます。
だから序盤を中心にやっていこうとは思っていたのですが、なかなか思うようにはいきませんね。

とりあえず、今年に入ってからあんまりさせていないのでフリー対局を中心に棋力を取り戻していきたいと思っています。

そういえば研究していた2手目74歩ですが、やっぱりこれも自分で形をすぐに決めてしまうという決定的な弱点があって、(どうでもいいという人にとっては何のことのないのですが)実践で数十局、フリー対戦などでやってみましたがいまいちでした。
※もちろん作戦としてダメというわけではありません。4手目か6手目に74歩という手もありますし、A級順位戦での実践例もあるぐらいです。


テスト勉強が今週金曜日あたりがピークなので、(実際は23日ぐらいまであるけど)それまでの辛抱、ということで
それ以降は将棋の勉強、再開していきたいと思います。

今年こそは24初段になりたいなー。
2015.02.10 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


将棋クエスト
カテゴリ:棋書&その他
本日の結果
将棋倶楽部24:1勝(R1372へ)
将棋クエスト:5勝1敗

アプリで将棋クエストなるものがあるので初めて見ました。
雰囲気は将棋ウォーズににてますね。
なので、お遊びでちょっとやるぐらいです。

あと無駄に成績がいいのは相手のレベルが違うといった感じだったので。これあ仕方ないですね。
2014.12.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


第1908回「趣味にかける毎月の費用は?」
カテゴリ:棋書&その他 / テーマ:将棋 / ジャンル:ゲーム

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の石内です。今日のテーマは「趣味にかける毎月の費用は?」です。皆さん、いろいろな趣味をお持ちかと思いますが毎月どれくらいの費用を費やしていますか?ちょっと前まで、これといった趣味がなかったのですがここ最近、遠征を必要とする趣味ができてしまい… 遠征費を含むと毎月数万円単位で使ってしまっていますそろそろ自制しないと…と思いながらなかなか趣味って抜け出すのが難...
FC2 トラックバックテーマ:「趣味にかける毎月の費用は?」



今日も負け棋譜を張りたいところなんですが、時間が取れないので代わりに別の記事で。
まあ趣味といってもこのブログは将棋ブログなので、将棋に関することについて。

先月かけた将棋への費用は
①将棋関係の大会で終わった後の飲み会 2000円
②横歩取りの本を買うのに 1600円
③将棋世界 800円

合計4400円ぐらい?
でも書籍とかほしいの結構あるんで来月はもうちょっといくかも。
2014.12.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


投票
現在棋力についてのアンケートをしています。
ご協力ください。
Calendar
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

SwallowDragon

Author:SwallowDragon
■当ブログについて■

このブログは主に将棋について扱っています。
将棋に興味の無い方は、
ブラウザの戻るを押すことをお勧めします。

■SwallowDragonについて■
棋力:将棋倶楽部24で上級にいる人。
住:北海道
歳:20歳。
基本的に名前を出しての棋譜掲載については
こがも隊の棋譜か或いは許可を取ってからの掲載をしています。
コメントは大歓迎です。
将棋以外の日常ブログ(兼こがも隊管理ブログ)


■リンクについて■
相互リンクは大歓迎です。
リンクの際はコメントお願いいたします。
また一部サイト様は個人的趣味で無断でリンクさせていただいておりますが苦情などがありましたら速やかに削除致しますのでご連絡ください。
こちらへのリンクはこちらを参考にしてください。

-----------------------------
↓ブログ開設時の自分のR(2009年12月)

-----------------------------
将棋の駒「竜」もそうなのですが、管理者は竜が好きです。

81道場成績
メイン垢:SwallowDragon サブ垢:Kagamine_Len (棋力登録を誤ったために2つアカウントがありますが普段はメインのほうを使っています)

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
935位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
25位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
日本ブログ村